2018年7月15日日曜日

PARIS - DEAUVILLE の非日常感/LES EAUX DE CHANEL




毎日衣服を着るように私は香りを纏う。まずは自分のために。一人で過ごすときも、外出するかしないかにも関わらず。一日を心地よく、新たな発見に出逢うために。香りが強すぎて支障になることはない。そんな纏い方はできない。香り方は纏う人間次第なのだから。


さほど広くもなく天井も高くない自宅で過ごすときは特に、鼻から遠く、衣服に覆われ、かつ体温の高いウエスト周辺と足首の皮膚にオードトワレを一拭きずつ。じっとしていれば香りをつけたことなど忘れるほど微かなBGMである。ふと立ち上がったり歩いたりした瞬間にふわり漂う。このような纏い方で日々様々なフレグランスと自分の皮膚とが醸し出す香り方を試し、外出時の装いに活かす。


香りを纏うこと自体は私にとって日常であり、特別なことではない。いくつかお気に入りのフレグランスもあるが、同じような香りばかりでは自分にとっての非日常感が薄れて馴染みすぎてしまう。日々自分は違うというのに。そういう気分になるとあえて何も纏わずに数時間過ごしてみる。すると生々しく自分の生き物としての代謝によるにおいを目の当たりにする。やはり何か装いたくなる。



Image de 3 types de parfum imprimé sur du papier de texture souple. 

柔らかな肌理の紙に印刷された3つの香りのイメージ。


この6月に発売された「シャネルの水」こと「レ ゾー ドゥ シャネル」は3種類。気に入ったものがあれば一つサンプルを頂けるというので少し考えた。どれも夏という季節に気分をポジティブにしてくれるものばかり。水のごとく軽やかでありながらも洗練された香り方を期待。

香りの第一印象では

PARIS - DEAUVILLEには、非日常的な空気感。

PARIS - VENISEには、幻想的な柔らかさ。

PARIS - BIARRITZには、鮮烈な透明感。

いずれも魅力的ではあったものの、今回はPARIS - DEAUVILLE を選んでみる。




香りだけが理由ではない。ドーヴィルは私の記憶の中では、ある映画の舞台であり海辺の風景だったが、香りにはそのイメージが見事に裏切られた。他の2箇所はその地のイメージに近い香りだったというのに。そんな意外性を秘めたドーヴィルの香り。バジルの緑っぽさが少なからずマスキュリンな印象を感じさせるのかもしれないが。いや、そんなに単純な香りではない。私はここ数日、先に説明したような纏い方でこの香りを楽しんでいるが、自分から少しひんやりと清々しい風が吹き抜けていくようだ。その清々しさにジェンダーの区別など無い。これはいわゆる従来のフレグランス、というものの概念を超えた香り方。




ゾー ドゥ シャネル

https://www.chanel.com/ja_JP/fragrance-beauty/fragrance/c/les-eaux-de-chanel.html#/home


Les Eaux de Chanel

https://www.chanel.com/fr_FR/parfums-beaute/parfums/c/les-eaux-de-chanel.html#/home



東京にて、sawaroma より。

écrit par SAWAROMA à Tokyo.


2018年7月14日土曜日

6枚の花びら、深緑の瞳・Ornithogalum




「オーニソガラム」

Ornithogalum


新たな植物の存在を知りました。

7月の私の目に涼を感じさせてくれた花。




フレッシュなライトグリーンの蕾から……星のように6枚の白い花びらが拡がり、中央には瞳のような深い緑の雌蕊、そしてこれを囲む6点の雄蕊。小さな花なのですが、花びらは蕾のグリーンから白への絶妙な色を映し、雄蕊からこぼれた金色の微粉がキラキラと輝いています。蕾から弾けて四方へと咲き拡がるその姿に眼を奪われたのでした。


花びらにそっと鼻を近づけてみました。

やさしいグリーンフローラルを感じます。

こちらから嗅ぎに行って初めて感じられる控えめな香り方。


花の形から調べてみると、

Ornithogalum arabicum

にも似ていますが

Ornithogalum saundersiae 

の花びらの形や雄蕊の色の方が近いかもしれません。


花屋では「オーニソガラム」という名前を教えていただきました。


小さな星のような白い花が集まったかたち。

眺めるだけでも涼し気な気品が伝わってきます。


こちらは英語による記事。この植物の素晴らしい写真が満載です。

Ornithogalum: the must-have garden plant you didnt know about

Mar 07, 2017    FARMER GRACY

https://www.farmergracy.co.uk/blogs/farmer-gracys-blog/ornithogalum-the-must-have-garden-plant-you-didn-t-know-about



東京にて、sawaroma より。


2018年7月13日金曜日

月桃ノ葉茶・Tea of 'Shell ginger leafs'.




月桃。学名は Alpinia zerumbet。ショウガ科ハナミョウガ族。

10年以上前にこの精油の香りを確認したとき、ショウガのようなスパイシー感の中に、独特のまぼろしのようにほのかな甘さと、時間とともに漂う森林浴の空気のようなシャープな緑の匂いを感じたものでした。


昨日出会ったのは、その葉を乾燥させた月桃ノ葉茶・Tea of 'Shell ginger leafs'

写真のような量の葉を約1杯分として急須に熱い湯を注ぐこと5分以上




辺りにふんわりと

ほろ甘く、スパイシーな香り。

月明かりに温められたような。




まるで朧月夜の中に佇んでいるようなリラックス感。

今日一日の仕事の煩雑さも、先程頂いた夕食の余韻も一気に軽やかに。

身体の内側からほんのりと温まり、余計な違和感が洗われるようでした。

ポリフェノールやビタミンも豊富なようです。


お茶として頂いた後の茶葉をお皿にのせていると

スッキリ爽やかな香りが漂ってきました。

この茶葉を再び乾燥させたあとも

煮込み料理の香りづけに活用したり

デオドラントサシェとしても活かせそうです。


………


「月桃の記憶・形と香りと名前」2017,8, 5. sawaroma 

http://sawaroma.blogspot.com/2017/08/blog-post.html


MOON PEACH

http://www.rethera.co.jp/hpgen/HPB/entries/54.html



東京にて、sawaroma より。


2018年7月10日火曜日

7月のラヴェンダー・Lavande de Juillet




Shirakaba lab(シラカバ ラボ)

https://www.shirakabalab.com

さんの ハーブティー Blend-Relax》。

マロウブルー、ラベンダー、マシュマロウのブレンド。

全て日本産です。




Cette tisane Blend-Relaxpar 

Shirakaba lab

https://www.shirakabalab.com

est faite 

de la grande mauve,

de la lavande,

et de la guimauve officinale ,

tous ces sont la production au Japon.



涼やかな紫色の花束の中にラヴェンダー。

7月の水色の空に

鮮烈な清涼感を漂わせていたことを回想。

まさにその名の通り、心「洗われる」香り。

9年前はブルガリアで。

4年前には富良野で体験しました。



富良野では

ドライフラワーが作られていた光景も印象的でした。

鮮やかな紫色も素敵ですが 

乾いてグレイを帯びたブルーになった姿も好きです。



A Furano, Hokkaido. Il y a 4 ans.

このときに買ったお土産は

ドライラヴェンダーとラヴェンダーの石鹸。

毎年7月になると思い起こします。



東京にて、sawaroma より。

écrit par SAWAROMA à Tokyo.





2018年7月8日日曜日

香りで爽やかに夏を過ごす1・Savon




南仏からのお土産です。

この石鹸で爽やかな夏を過ごそうと思います。


Un souvenir du Sud de la France . 

Avec ce savon, 

je vais passer cet été rafraîchissant .






毎日使う石鹸。特に夏はお世話になります。

だからこそ、お気に入りの香りで。


ちょうどこんな素敵な石鹸をいただいたので

早速開封して香りを試します。

バラ本来の青い清々しさと柔らかな優雅さ。

夏の疲れも癒されそうです。


Exfoliant とは、直訳で「角質除去」を意味しますが

使用してみると適度にさっぱりします。

1日の始まりも

疲れをリセットするタイミングも

洗うという行為と共に香りは大切。

夏の間は特にこだわりたいものです。


バラの香りは

私にとってはクールダウンのための香りでもあります。

人によってはラヴェンダー、あるいはミント、

レモングラスなどの香りに涼感をおぼえるのかもしれないですね。



東京にて、sawaroma より。

écrit par SAWAROMA à Tokyo.



2018年7月6日金曜日

『セラヴィ!』/《Le Sens de la fête》・本日7/6より公開




本日より公開。復活したばかりの渋谷シネクイントにて鑑賞。

フランス語の原題直訳は「パーティーのゆくえ」ですが

英語タイトルも邦題も《C'est la vie!

「セラヴィ!(これが人生さ)」。

http://cestlavie-movie.jp





Le titre original de ce film français est Le Sens de la fête》,

et le titre international est C'est la vie!.

J'ai vu ce film aujourdhui,

le premier jour de la sortie publique .

à CINEQUINT Shibuya.




予定通りにはいかない悲喜こもごもの中で生きる人たち。

交わす言葉、流れる音楽奇跡のような出来事の連続。

多種多様に各々こだわりを持つ、一癖も二癖もある人たちが一緒に仕事をすること。それは本来なんと難しいことなのかとしみじみ感じるのでした。一方で、人は他者と関わること無く生きていくことは出来ないという現実があります。

自己主張のバトルが生む化学変化

触れ合うことで生まれる関係

お祭り騒ぎのゆくえは

この映画を最初から最後まで鑑賞した人だけに訪れる感覚が、その答えです。



フランス映画祭2018のオープニング作品であり

エールフランス観客賞受賞作。

http://unifrance.jp/festival/2018/





パンフレットの真ん中ページからは、舞台が飛び出していました!


本作の具体的な内容に触れることはこれから鑑賞する方の為に控えますが、この物語のキーワードである「結婚式」について自身の体験を交えた所感を綴ります。

多くの人の前で相思相愛のカップルが着飾って挨拶をする二人の世界にとどめず、忙しい人達の時間を割いていただいてまでお披露目の日を設ける…「なんて恥ずかしいことか」と感じていた当初の自分としてはそんな式など企画したくなかったのでした。

しかしいまは亡き実父に「是非開催してほしい、これまでお世話になった方々に御礼をこめていい会にしたい」と懇願され、「ならばある程度は私の納得のいく形にさせて」と式場選びからこだわったあれこれを回想。特定の宗教信者でもないのに神前も仏前も不自然とばかり、自然な人前式という形を選べること、ご足労いただくゲストにはせめて本当に美味しいお料理を堪能いただけること、着飾るならばその季節の色(真冬の雪の日)に合う花(胡蝶蘭のイメージ)のように装い、無駄な時間を使わないべくお色直しはしないこと、BGMの選曲等々、数々のこだわりのために多くのプロフェッショナルの人達のお力をお借りしました。

本作を観る人がそれぞれの記憶をふりかえりながら、あるいは未来を描きながら、温かな気持ちに浸れることを祈ります。


東京にて、sawaroma より。

écrit par SAWAROMA à Tokyo.


2018年7月5日木曜日

CLEAN CLASSIC 新作・Fresh Linensが8月デビュー




Press preview of

CLEAN Fresh Linens / eau de parfum 》, 

a new fresh citrus fruity fragrance  

comes out in August the 8th (limited sales at stoses) in Japan.


明るい日差しの中

洗いたての柔らかなコットンリネンの心地よい肌触りをイメージした香り。

クリーン フレッシュリネン オードパルファム  201888月店舗限定発売。

クリーン/ラトリエデパルファム

https://www.latelierdesparfums.jp/brands/clean




この香りを初めて紹介されたとき

心洗われるような清潔感と明るい温もりを感じました。

リフレッシュされた清々しさ、安心して触れられる柔らかさ。

夏の朝も楽しくなりそうです。



「クリーン」はアメリカで2003年に生まれたブランド。

https://www.fragrantica.com/designers/Clean.html

ブランドサイトの

World of CLEAN

http://cleanperfume.com/world-of-clean/

によると

Simple, Nostalgic, Conscious

と、3テーマが綴られています。

必要なものだけを提供する、

人に幸せをもたらす安らぎの記憶、

自然環境を配慮して選んだ原材料での製産。


今回日本で発売される新作、

『クリーン フレッシュリネン オードパルファム  』の香り、

どのような構成で作られているのでしょうか。

http://cleanperfume.com/fresh-linens-eau-de-parfum

上記ページの

Scent Profile を開いてみました。


Top Notes

clean sheet accord, asian pear, clementine


Middle Notes

rain lily, lady orchid, blonde woods


Dry Notes

skin musk, sandalwood, smooth amber


発表会では

「トップノートに日本の梨の香りが使われているそうですよ」

と言われ、みずみずしさの理由の一つが腑に落ちました。





ブランドサイトのページを撮影したものです。

http://cleanperfume.com/fresh-linens-eau-de-parfum



シンプルなボトルだからこそ引き立つ端正な形、

そしてこの香りのイメージに選ばれたライトイエロー。

風に運ばれた優しい光のように。この夏、爽やかな笑顔と共に。



東京にて、sawaroma より。

…written by SAWAROMA at Tokyo.


2018年7月4日水曜日

広島での夜・Des scènes que j'ai rencontrées à Hiroshima




およそひと月半前のこと。私は香水瓶の展覧会を観るために広島を訪れて一泊しました。広島駅から宮島口への電車の中ではイタリア語を話す人たちと遭遇。そして夜、原爆ドームへと歩いていたら、こちらでも多くの外国人とすれ違いました。


Il y a environ un mois et demi. J'ai visité Hiroshima pour voir l'exposition de bouteilles de parfum et y ai passé la nuit. Il y avait des gens qui parlaient italien dans le train de la gare d'Hiroshima à Miyajimaguchi. Et la nuit, quand je me rendais au Dôme de la bombe atomique, je croisais même beaucoup d'étrangers.







原爆ドームのすぐ近く、素敵なレストラン。

Il se trouve à 1 minute à pied du Dôme de la bombe atomique.

Caffè Ponte ITALIANO

http://www.caffeponte.com








広島平和記念碑(原爆ドーム)。

Hiroshima Peace Memoriall (Genbaku Dome)

Mémorial de la paix d'Hiroshima (Dôme de Genbaku)

あとひと月ばかりすると、86日がやってきます。

73年前の傷ましい痕跡がそのままです。

数人の外国人がドームの説明を読んでいました。


今回は宮島口(廿日市市)と広島駅周辺のみでしたが

この県の東には薔薇で有名な福山もあったのだと

かつてお土産でいただいた赤い薔薇ジュースを回想しました。

http://sawaroma.blogspot.com/2015/08/le-jus-de-la-rose-rouge.html



東京にて、sawaroma より。

écrit par SAWAROMA à Tokyo.


2018年7月3日火曜日

『香水瓶の至宝~祈りとメッセージ~展』は7/8まで




現在自分が愛用するフレグランスを思い浮かべてみると、香りは勿論、そのボトルの形や色彩に魅かれたものばかりです。世界に多くのフレグランスが存在する中でそれら全てを知ることは難しいものの、縁あって出逢えたものから自らの五感の琴線に響いたものは可能な限り試してきました。その入り口となるのは多くの場合、視覚に訴えるヴィジュアルです。


不思議なもので、愛用中のフレグランスをオリジナルボトルからトラベル用にと中身を小さなアトマイザーに移し替えてみると、香りの感じ方まで変わります。いかに視覚的イメージが重要かを再認識するのです。アロマテラピーで用いられる香料素材の一つに過ぎない精油は、品質を損なわないボトルであれば多少異なる瓶に入っていても、フレグランスほどの違いは感じられないというのに。



5月に広島の海の見える杜美術館にて鑑賞した

『香水瓶の至宝~祈りとメッセージ~展』。

http://sawaroma.blogspot.com/2018/05/blog-post.html

いよいよその開催期間は、今週末78日(日曜日)までとなりました。

5月の sawaroma 記事には掲載していなかった作品を改めて写真でご紹介します。










展覧会図録の写真を眺め、87ページにも及ぶマルティーヌ・シャザル氏(フランス文化遺産学芸員)による「香りの使われ方の歴史」を読み直してみました。様々な役割の歴史を経て今も世の中で必要とされる「香り」。それは単なる匂い、というものではなく、視覚表現を含むメッセージであり、そうしたことが感受できる人間にとってはかけがえのない芸術品、至宝となり得るものであると痛感するのです。




展覧会図録はこちらより購入することも可能です。

http://www.umam.jp/tablet/publication.html



東京にて、sawaroma より。