2018年5月18日金曜日

パリ土産はカカオ10国の香り・François Pralus





原産国それぞれ、様々なカカオアロマ。

本のように積み重ねられたタブレットショコラ。

パリに旅した友人からの贈り物。Merci beaucoup.






Divers arômes de cacao selon les pays d'origine. 

Tablettes de chocolat empilées comme des livres. 

C'est un beau cadeau d'une amie qui a voyagé à Paris.

https://www.chocolats-pralus.com





写真は本国ブランドサイトより

Photo du site de la marque 



日本では現在販売されていないようですが、パリでは2区と6区にお店があるようです。原産国ごとのカカオの風味が詳しく記載されたリーフレットを読みながら10種をゆっくり味わいました。確かに皆繊細に違うのです。インドネシア産のフレッシュな中にもウッディでワイルドな余韻、マダガスカル産のフルーティーでかすかにミントを思わせる清涼感、ベネズエラ産の濃厚なまろやかさとパワフルなインパクト、スパイシーでディープなショコラ感を満喫できるガーナ産。フランスの素晴らしい職人さんによるカカオアロマを満喫しながら、はるか遠い10カ国の香りの旅を想像できました。



東京にて、sawaroma より。

écrit par SAWAROMA à Tokyo.



2018年5月16日水曜日

きらめくように繊細に香る・TORNADE BLONDE PARFUM Christian Louboutin





うねる波のように

曲線のきらめき一瞬の輝くオーラの通過。

優雅な余韻の奥に真紅の薔薇が見える忘れられない香りとともに。

ボトルと香りからそのようなイメージを感じた。

パルファン トルネードブロンド  /クリスチャン ルブタン

http://jp.christianlouboutin.com/jp_ja/shop-online-1/beauty/parfums/tornade-blonde-1.html


ゴールドの輝きにも例えたくなるほどの鮮やかな薔薇の香りは 私の大好きなブルガリア産ダマスクローズを思い起こさせる。薔薇の香りの輝く美しさが繊細に活かされたみずみずしいフレグランスに巡り会えて幸せに思う。








Comme une vague ondulante.… l'éclat de la courbe.

Passer une aura clignotante pendant un moment. 

Une rose cramoisie peut être vue derrière un sillage élégant ...

Avec un parfum inoubliable.

De ce flacon et de ce parfum, jai ressenti juste une telle image.

TORNADE BLONDE  PARFUM  Christian Louboutin

http://eu.christianlouboutin.com/fr_fr/tornade-blonde-494758.html

http://eu.christianlouboutin.com/fr_fr/discover-fragrance


Le parfum d'une rose brillante que je veux comparer avec la lueur de l'or me rappelle aussi la Rosa damascena de Bulgarie, ma rose préférée. 

Je suis heureuse de découvrir le parfum frais qui a utilisé délicatement la beauté brillante de l'odeur de rose.






東京にて、sawaroma より。

écrit par SAWAROMA à Tokyo.


2018年5月13日日曜日

Articles of roses as archives 2・『香りの女王、ローズオットー/その華やかな一滴のパワーに包まれて』




こちらの記事

http://sawaroma.blogspot.jp/2018/05/article-of-roses-as-archives-1.html

に引き続き、2016521日掲載のアーカイヴ記事2本目を写真で再度ご紹介します。タイトルは、『香りの女王、ローズオットー/その華やかな一滴のパワーに包まれて』。ちょうど5月は、神代植物公園「春のバラフェスタ」で様々な薔薇の香りも楽しめます。

https://www.tokyo-park.or.jp/event/40371.html


Continuing from this article

http://sawaroma.blogspot.jp/2018/05/article-of-roses-as-archives-1.html

, I will present the second article in the photo again as archive, posted on May 21, 2016. The title is Queen of aroma , Rose otto / Wrapped in the power of its gorgeous drop》.

Just in May, we can enjoy the scent of various roses at 

JIndai Botanical Park "Spring Rose Festa".

https://www.tokyo-park.or.jp/event/40371.html#googtrans(en)

























2012年産、2013年産のヴィンテージローズオットーは、『Its so easy』さん

http://store.itssoeasy.jp/about/ 直接お電話でお取り寄せ可能です。今のような気温の時期は精油の品質管理上、店頭には置かれていないそうです。



Vintage Rose Otto of 2012 & 2013 are be able to put in an order by It's so easy 

http://store.itssoeasy.jp/about/  on the phone. In the time of the temperature like nowthey arent placed at the store for the quality control.




東京にて、sawaroma より。

…written by SAWAROMA at Tokyo.



2018年5月11日金曜日

光に映えるフレグランス 2・Jour d'Hermès





光に映えるフレグランス、

2番目にご紹介するのは

『ジュール ドゥ エルメス』。

http://japan.hermes.com/perfumes/women/jour-d-hermes.html

フランスでは201212月、日本では翌年3月にデビュー。

明るいシトラスで始まるこの香りは

いつしか優雅な花々に導かれて官能的なオーラへ。


Le parfum qui brille dans la lumière.

Le deuxième que je vais présenter est

Jour d'Hermès

https://www.hermes.com/ch/fr/product/jour-d-hermes-eau-de-parfum-V27551/

Il sort en France en décembre 2012 et au Japon en mars 2013.

Ce parfum commence avec agrume lumineux,

et au fil du temps, il est conduit à laura sensuel par des fleurs élégantes .





エルメスのフランス本国公式サイトでは、このフレグランスについて次のように説明しています。


Une eau de parfum lumineuse et charnelle, une profusion de fleurs égayée de la délicatesse du pois de senteur et la sensualité du gardénia.“

…Cité sur le site officiel d'Hermès en France.


「明るく肉感的なオードパルファム、スイートピーの繊細さとガーデニアの官能性によって華やぎを与えられたあふれんばかりの花々。」エルメス 本国公式サイトより引用。



JOUR(フランス語)は DAY(英語)を示します。それは太陽が昇り沈むまでの時間。シャープな光射す朝、次第に柔らかくなる午後、幻想的な色合いに輝く黄昏『ジュール ドゥ エルメス』は、さまざまな光に映し出される生身の人間の魅力を多面的に引き出してくれる明るさと柔らかさを秘めた香りであると思います。



東京にて、sawaroma より。

écrit par SAWAROMA à Tokyo.


光に映えるフレグランス・Gabrielle CHANEL





4日ぶりに良いお天気となりました。

5月は風が爽やかであるだけでなく、クリアな光も素敵です。

このように素敵な光の中で纏うフレグランスを考えるのは楽しいものです。

まずは、こちらをご紹介します。


Il fait beau aujourd'hui pour la première fois en 4 jours.

En mai, non seulement la brise rafraîchissante, mais la lumière claire est aussi agréable. C'est amusant de penser au parfum quon peut porter dans une si belle lumière. 

Tout d'abord, je présente Gabrielle CHANEL .




2017年の香り方・Gabrielle Chanel 2017, 9, 20  sawaroma 

http://sawaroma.blogspot.jp/2017/09/2017gabrielle-chanel.html



直接皮膚に試すと、ピュアな光が広がるような新しい花の香りを感じました。

鮮やかな印象にもかかわらず、その香りは決して重くはないのです。

洗練されたエレガンスを求める人にとって

これは気軽に纏えるお気に入りのフレグランスとなるでしょう。


Quand je lai essayé directement sur ma peau, 

j'ai senti une nouvelle odeur des fleurs comme lumière pure qui se répand. 

Même si l'impression est vive, son odeur n'est jamais lourde.

Pour ceux qui recherchent une élégance sophistiquée, 

ce sera un parfum préféré à porter facilement.




4種の白い花、

イランイラン、オレンジフラワー、ジャスミン、チュベローズの

絶妙なバランスによる太陽のような輝きを感じさせる花の香り。

特に晴れた日に似合うのはもちろんですが

夜であっても、曇り空でも、周囲に笑顔を誘う素敵な香りです。



東京にて、sawaroma より。

écrit par SAWAROMA à Tokyo.


2018年5月9日水曜日

新緑の三景・A la saison des feuilles





今日は雨ですが、4月末から5月の1週目は素晴らしいお天気に恵まれましたので、光に輝く緑の写真を撮影しました。


Aujourd'hui il pleut, mais de la fin davril à la première semaine de mai, on a eu du beau temps, et j'ai pris des photos du vert qui brillait .





緑陰に若い梅の実が見えました。428日、羽根木公園にて。

Un jeune fruit de la prune. Au parc Hanegi, le 28 avril.





青空に緑の葉と黄色い花、そして黒い蝶。56日。

Feuilles vertes et fleurs jaunes dans le ciel bleu, et un papillon noir. Le 6 mai.





竹林。たけのこだった幼い竹も。

Forêt de bambous. Un jeune bambou dune pousses de bambou était aussi .



5月は風が爽やかであるだけでなく、クリアな光も綺麗です。このように素敵な光の中で纏うフレグランスを考えるのは楽しいもの。次の記事で紹介しようと思います。


En mai, non seulement la brise rafraîchissante, mais la lumière claire est aussi agréable. C'est amusant de penser au parfum quon peut porter dans une si belle lumière. Je vais présenter des parfums dans le prochain article.



東京にて、sawaroma より。

écrit par SAWAROMA à Tokyo.


2018年5月7日月曜日

『チャンブラにて/原題: A Ciambra』/イタリア映画祭2018




イタリア映画祭2018

http://www.asahi.com/italia/2018/

『チャンブラにて』を東京会場で54日鑑賞。

監督はジョナス・カルピニャーノ。前作『地中海』同様南イタリアのカラブリアを舞台に、ロマの少年とその家族、アフリカからの移民の友人との交流を描く貴重なフィルム。

大阪会場でも5/27に上映されます。


冒頭のシーンで登場した馬の瞳。

朝、家族に急き立てられてピオが用意するレモン水。

夜、白馬の足音に導かれていく14歳のピオ。

言葉の代わりにピオが流した涙。等々忘れられないシーンの数々。


自分にとってほぼ未知の世界が描かれているであろうこの映画に興味を持ちました。14歳の少年、ピオはロマとして生まれ、私とは全く異なる環境下で育ちます。大家族からは頼りにされ、自身も家族の生活を守ろうとします。自分に優しく交流してくれるアフリカからの移民青年にも愛着を感じていました。こうした感情そのものは極めて人間的です。しかしピオとその家族が生きるための手段は? いかなる人間であれ、生まれたからには生きようとするものでしょう。

一人の人間が数十年生き続けるために、どれだけの代償が必要なのでしょうか。静かに深く考えます。一生の間に関わる他人の全ての物語の中で自分が理想的な人物であることは有り得ないと感じるのです。






Italian Film Festival 2018

http://www.asahi.com/italia/2018/

I watched A Ciambraon May 4th in the Tokyo venue.

This is a 2017 Italian film directed by Jonas Carpignano. 

Like his previous work Mediterranea》, its a valuable film set in Calabria in the southern Italy , depicting the interaction with a Roma boy and his family, immigrant friends from Africa. It will be screened on May 27 in the Osaka venue as well.


Horses' eyes that appeared in the scene at the beginning.

Lemon water prepared in the morning by Pio hurried by his familiy. 

Footsteps of a white horse that leads Pio, 14 years old, at night.

Tears of Pio instead of words. Etc…a lot of unforgettable scenes for me.


I was interested in this movie, which would has been depicted an almost unknown world for me.  14 years old boy, Pio was born as Roma, and raised under a completely different environment from me. His big family relied on him. He was trying to protect his family's life. He was also attached to an immigrant young man from Africa who interacted gently with him. These feeling itself is very human. But what is the way for Pio and his family to live?  Whatever human beings are, they are going to live because they were born

How much are compensated for a human being to live for decades? I reflect quietly, and feel I will not be able to be a ideal person in all the stories of others who encounter in my life.




『チャンブラにて』は、2017年カンヌ映画祭監督週間にて上映。米アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表選出作品。

A Ciambrawas screened in the Directors' Fortnight section at the 2017 Cannes Film Festival, and selected as the Italian entry for the Best Foreign Language Film at the 90th Academy Awards.



東京にて、sawaroma より。

…written by SAWAROMA at Tokyo.