2018年12月8日土曜日

口紅と香水・Gabriel





この口紅と香水の名は同じ。ガブリエル。

Les noms de ce rouge à lèvres et de ce parfum sont les mêmes. Gabriel.

http://sawaroma.blogspot.com/2018/12/de-ma-selection-de-parfums-porter-en.html







PANTONEが2019年の色はLiving Coralと発表しました。明るい光を感じさせる赤です。そんな色を唇にも…と思い、眼に留まったのがガブリエルの色。

PANTONE a annoncé que la couleur de 2019 est Living Coral. Rouge qui me fait sentir une lumière vive. Je pensais que cette couleur était aussi sur mes lèvres ... 

La couleur de Gabriel a été trouvée.

https://www.pantone.com/color-intelligence/color-of-the-year/color-of-the-year-2019



未来に向かう光を感じさせる香りと口紅。

私の好きな色が、好きな香りの名前と一致して嬉しく思います。

Un parfum et un rouge à lèvres me font sentir la lumière aller vers le futur. Je suis heureux que ma couleur préférée corresponde à mon nom de parfum préféré.



東京にて、sawaroma より。

écrit par 《SAWAROMA 》à Tokyo.


2018年12月5日水曜日

冬に纏いたい香り~ De ma sélection de parfums à porter en hiver





からりと乾いて冷んやりとした師走の空気。

体温とともに柔らかく

あるいは清々しく香らせたいフレグランスを

シーン別に選んでみたいと思います。

先ずはフランス生まれの3種から。



一期一会の特別な出会いに感謝したい、

華やかな夜の集いに 愛情を込めて官能的な余韻を。

Shalimar/Guerlain (1925)

http://sawaroma.blogspot.com/2017/10/shalimarguerlain-1925.html






ラフな話し方もOKな懐かしい友との再会に、

親しみやすさの中にも 落ち着いた大人の余裕を。

ROSE DES VENTS / LES PARFUMS LOUIS VUITTON(2016)

http://sawaroma.blogspot.com/2016/09/rose-des-vents-les-parfums-louis-vuitton.html






マイスタイル、颯爽と清々しい笑顔、

オンでもオフでも、朝でも夜でも

如何なる状況下にも失われないエレガンスを。

Gabrielle Chanel(2017)

http://sawaroma.blogspot.com/2017/09/2017gabrielle-chanel.html






上記の3種は、昨年母校での講演会に於いてもご紹介させていただきました。

http://sawaroma.blogspot.com/2017/10/le-plaisir-du-sens-olfactif.html

年齢性別を問わず、特にご好評をいただいたのは、明日からでも纏えそうな、というGabrielle Chanel(2017)でしたが、3種いずれも晩秋から冬にかけての心踊るシーンを楽しく想像頂けたようでした。

特に高温多湿の日本では、今の時期こそ、ヨーロッパの空気に近い香り方を体感できる貴重な季節。視覚的な装いとともに、冬の景色に香りも添えてみたいですね。



東京にて、sawaroma より。

écrit par 《SAWAROMA 》à Tokyo.



2018年12月1日土曜日

師走の花





清々しい香りに誘われて。

グリーン調のような

ジャスミンのような

芳醇さは何処から?




鮮やかな山茶花の花。



昨日は豪徳寺の紅葉に出会い

今日は師走の花に眼を留める。






12月にしてはあたたかな午後。



東京にて、sawaroma より。



2018年11月29日木曜日

鮮烈に香りのヴィジュアルを堪能・‘ In Goude we trust !“(CHANEL NEXUS HALL)





シャネルのフレグランスファンには必見の展覧会。懐かしいヴィジュアルと共に香りの鮮烈な印象が記憶によみがえります。‘90年代初頭の『エゴイスト』、カナリアに扮したヴァネッサ・パラディの『ココ』、丸いボトルでボウリング、弾ける『チャンス』…。今回こうしたフレグランスのイメージヴィジュアルに加えて、ジャン=ポール グードのアーティスティックな表現を様々な形で体現できる仕掛け(スクリーン、歌声、映画上映……)が会場随所に見られます。いつもネクサスホールには30分ほどの滞在なのですが、今回は楽しくて1時間以上も経過していました。











‘ In Goude we trust !“

ジャン=ポール グード 展覧会

à CHANEL NEXUS HALL.

A partir de 11/28

jusqu’au 12/25.

https://chanelnexushall.jp/program/2018/jeanpaulgoude/



東京にて、sawaroma より。

écrit par 《SAWAROMA 》à Tokyo.


2018年11月27日火曜日

GIVENCHY L’INTERDIT ・その名の意味は60年前とは違う





「禁止」という言葉からどんなイメージを持つだろう。私は何処かに秘密の匂いを感じる。誰かの独占欲から発せられることもあれば、調整、安寧もしくは安全のためにと発せられる言葉である。いずれにしてもこの言葉自体はさまざまな背景を持つ。私は「禁止」と言われるとより好奇心が高まる。何故?と。秘密を探りたくなるのだ。


1957年に発売されたジバンシイの香り、ランテルディは、かの妖精の如く魅力的なアメリカの女優、オードリー・ヘプバーンに「私以外は使用禁止」と言わしめたという一説が有名である。当時の大スターであった彼女と同じ香りを使いたいと思う香水ファンは多かったことだろう。実際、調和のとれた優美な香りである。パウダリーなフローラル・アルデハイドタイプ。


だが今は20世紀ではない。オードリーも居ない。美しさの基準も多様。誰かに憧れて模倣する必要もない。かけがえのない一人一人が、一期一会に最高に輝けば良いのだ。であれば「禁止」という言葉をこの21世紀の今掲げた香りに求められるのは、オードリーというスターが独占したくなるほどの魅力を持つ、ということではなく、一人一人の好奇心を触発させる意外性ではないだろうか。


60年の歳月を経て、かつてと同じ名前でリリースされたジバンシイのランテルディ。




香りの専門誌『PARFUM』

http://parfum-specialist.com

No.187 裏面広告写真より


まず、このプロモーションヴィジュアルを眺め、1957年版とは全く違う香りであろうことはすぐに予感できた。映画「キャロル」(2015)でもう一人のヒロインと禁断の恋に落ちる女性を演じたルーニー・マーラの好奇心に満ちた表情が印象的だ。きらめく華やかさの裏には同じくらいの強度で翳りがある。その翳りがこのヴィジュアルにもボトルにも表れている。




香りは現代的なフローラル・ウッディ。翳りもある21世紀の香り。2018年の空気の中に漂っていたとしたら……そこには、意志の強い、誰のものにもならないしなやかな精神性とともに、一筋縄ではいかない印象的な魅力を残すだろう。


参考情報


パルファム ジバンシイの名香「ランテルディ」が60年の歳月を経て新登場

VOGUE  September 14 2018

https://www.vogue.co.jp/beauty/news/2018-09-14/givenchy


GIVENCHY  L’INTERDIT (1957)/FRAGRANTICA 

https://www.fragrantica.com/perfume/Givenchy/L-Interdit-4695.html

GIVENCHY  L’INTERDIT (2018)/FRAGRANTICA 

https://www.fragrantica.com/perfume/Givenchy/L-Interdit-2018--51488.html



東京にて、sawaroma より。



2018年11月26日月曜日

ベリーの香りでお祝い・Avec un gâteau aux fraises





À la saison des fraises. 

Le samedi dernier, j'ai fait une petite fête. 

Parce que mon anniversaire cette semaine 

est une journée de travail.




イチゴの季節へ。

今週後半に迎える誕生日は仕事日なので

先週土曜にちょっとしたお祝いをしました。


赤と白に緑が映えて綺麗なのはもちろん、

メインのイチゴにブルーベリー、ラズベリーの香りも加わって

お祝い気分も高まります。白いフレッシュなクリームと

ピンクのベリーチョコの組み合わせも絶妙。

いつも、おいしくて美しいケーキをつくっていらっしゃる

豪徳寺のペンギンペストリーさんに感謝です。

ちょうど先週末からクリスマスケーキの予約受付もスタート。



クリスマスケーキ2018 /ペンギンペストリー

http://penguin-pastry.com/info/2328142




東京にて、sawaroma より。

écrit par 《SAWAROMA 》à Tokyo.



2018年11月23日金曜日

白の中の鮮烈な赤・アメリカナデシコ(Dianthus barbatus)





ナデシコの一種、その外観からアメリカナデシコと思われます。

C'est une sorte de Nadesico (Dianthus).

De l'apparence, il semble que ce soit Dianthus barbatus.




白い星のような花びら中央の鮮烈な赤。

素晴らしいので毎日眺めたいと思いました。

Rouge brillant au centre d'un pétale ressemblant à une étoile blanche. 

Je pensais que je voulais regarder cela tous les jours 

parce que c'était magnifique.





毎日違う表情に会えるのも楽しいものです。

花の香りも毎朝違うのです。

C'est amusant de voir chaque jour différentes expressions. 

Le parfum émis par les fleurs est aussi différent chaque matin.




東京にて、sawaroma より。

écrit par 《SAWAROMA 》à Tokyo.