2017年6月24日土曜日

RODIN/ロダン カミーユと永遠のアトリエ(フランス映画祭2017)


昨夜、フランス映画祭2017で『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』(邦題)鑑賞。

http://unifrance.jp/festival/2017/films/rodin

本国では5/24に公開され、ロダン美術館のサイトでは本国での予告編が見られる。



Festival du film français au Japon 2017 . 

Hier soir, j'ai regardé Rodin.

RODIN, LE FILM sortie du film 24 mai/Musée Rodin

http://www.musee-rodin.fr/fr/actualites/rodin-le-film





かつてパリ滞在中、ロダン美術館は私のお気に入りの場所の一つだった。

太陽の下、緑の中で眺める彫刻作品は近くから眺めても遠くから眺めても

ごく自然にたたずんでいた。


静岡県立美術館ロダン館でバルザック像を見たときの衝撃は忘れられない。

「緑の中のロダン館・静岡県立美術館」

http://sawaroma.blogspot.jp/2014/08/blog-post_1.html



Quand je séjournais à Paris, 

Musée Rodin était un de mes endroits préférés.

Sous la lumière du soleil et dans le vert des sculptures de Rodin restaient très naturellement en regardant de prés , et aussi de loin .

Musée Rodin

http://musee-rodin.fr


Je n'oublie pas le choc quand jai vu la statue de Balzac par Rodin, 

au Musée de l'art de la Préfecture de Shizuoka.



かつてパリで、静岡の美術館で感じたことが、この映画を見て腑に落ちる。

植物を、木肌を直に触覚で捉えていた映画の中のロダンが印象的だった。

その視線、姿勢、言葉、手の動き。触覚に直結する視覚。深いリアリティを感じさせてくれた主演のヴァンサン・ランドンは円熟期のロダンになりきっていた。

私は、制作者、表現者、芸術家としてのロダンの一面にフォーカスしてこの映画を鑑賞した。観る人によっては、カミーユ・クローデルとの関係性に多くを感じるのだろう。私は邦題よりも原題《RODIN》が好きである。


日本では11月全国公開予定。今年11月はロダン没後100年目にあたる。

箱根彫刻の森のバルザック像に会いたくなった。



東京にて、sawaroma より。

écrit par SAWAROMA à Tokyo.


0 件のコメント:

コメントを投稿